Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
チリの家具
 
チリのインテリア・デザイン・家具・・・・・

顔が変わった?


最近、いろいろな言葉で声をかけられます。 





昨日、散歩中に「アニハセヨ」と韓国語で声をかけられました。



 サンチャゴの空港では、「〇×▽…エスパーニャ?」とアンケート用紙を持ったおじさんに聞かれました。 



公園に座っていたら、何語かわからない言葉で、おばさんに声をかけられました。




いったい今の僕は、日本人から見たら、何人に見えるのでしょうか。

とにかく、この街に張られたポスターや看板は種類が豊富で見ごたえがありそうです。

サンチャゴ散歩が始ります。






posted by: 家具の旅人 | デザイナーズ家具 | 17:08 | comments(45) | trackbacks(0) |-
メキシコの家具
 
メキシコ・メキシコシティのインテリア・デザイン・家具・・・・


メキシコ市場


メキシコに住むH家族にメルカド(市場)へ連れて行っていただきました。





やはりハバネロの国で種類別に売られています。

H家族によると唐辛子の辛さは予測できず、食べてみるまでわからないそうです。





この季節にだけ食べられる、とうもろこしに付着するきのこです。

先日、いただいたのですが、シメジっぽかったです。





サボテンも焼いて食べます。

メキシコでは、ダイエット食としても知られているようです。





「あれ?鶏肉は日本でも食べられるでしょ?」

鶏肉を撮る僕はH家族から不思議がられました。

確かに売られてはいますが、こんな生々しくは売っていないんです。







posted by: 家具の旅人 | デザイナーズ家具 | 17:13 | comments(3) | trackbacks(0) |-
チリ・サンティアゴの家具
 
チリ・サンティアゴの家具・・・・










建物の持ち主が代々伯爵,侯爵、男爵と爵位をもつ貴族で最後の所有者はハゴダ男爵であったことからこの名称がついています。

このパラドールは建物を政府が 買い上げ、内装を施し、増築をして現在は45室ですが、2001年の9月までかけて部屋の改装を実施しています。

豪華なサロンの一部には、ガリシア地方の 典型的な台所の姿を残して、鍋、釜など昔の生活用品をミニ博物館の様に飾ってあります。


パラドールの周辺は17,18世紀の建物が数多く残る旧市街ですが、観光客のみならず、ビジネスや会社の研修に使われることも多いのです。

宿泊客の30% は外国人で、建物の素晴らしさを賞賛するお客さんが特に多いそうです。

もちろん、洒落たレストランで豊富な魚介類の料理を賞味しにくるというお客さんもた くさんいます。



posted by: 家具の旅人 | デザイナーズ家具 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
チリ・サンティアゴの家具
 
チリ・サンティアゴの家具・・・


男爵館のパラドール Parador"Parador"Casa del Baron" 


サンティアゴ・デ・コンポステーラとビーゴの中間にある静かな港町がポンテベドラだ。

旧市街は17,8世紀の佇まいを残す美しい町です。

建物は16世紀ルネッサンスの宮殿でガリシア地方特有の様式で作られた「パソ」と呼ばれる貴族の館です。


この高貴、壮麗、豪華な建物の外観に劣らず館内には重厚な家具、荘厳な石段、豪華な装飾品で飾られて中世の雰囲気を残しているのです。




posted by: 家具の旅人 | デザイナーズ家具 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-